相続時のトラブルや事前準備など、相続のことであればお気軽にご相談いただけます。

お問い合わせ・ご予約

048-776-3739営業 9:00~18:00 / 定休 土日祝

あげお相続ブログ

 

総務省が敬老の日を前にまとめた2020年9月15日時点の人口推計によると、65歳以上の高齢者人口は前年比30万人増の3617万人、総人口に占める割合は28.7%で過去最多でした。

一方で2019年の65歳以上の就業者数は2018年より30万人増の892万人で、65歳以上の高齢者の4人に1人が仕事をしていることになります。

また、団塊ジュニア世代が65歳以上になる2040年には、65歳以上の人口が35.3%になるとの予測も出ています。

これらのことから考えられることは、今後益々国の財政が厳しくなり、国からの補助や助成などはカットされていくであろうということです。

このたび新たに就任した菅首相が自民党総裁選の際に掲げていたスローガン「自助・共助・公助」は、これからの日本の未来に向けてのメッセージだろうと思います。

数年後には団塊の世代が75歳以上になる日がやってきます。

今後、医療費や介護保険の自己負担額も上がってくるのではないかと思います。

まさに我々団塊ジュニア世代がどのように老親を支えていくのか、介護費用の捻出はどうするのかが重要になってきます。

つい先日も、実家が上尾市にある40代の男性から家族信託のご相談がございました。

父親の不動産や現金、金融商品などを将来の介護費用に充てるために、今から検討しておきたいとのことでした。

すでにお父様は要介護1の状態で、認知症で財産を動かせなくなるかもしれないことを心配してらっしゃいました。

今後、更にこのようなご相談が増えていくと思います。

その際にしっかりとサポートさせていただけるように、さらに自己研鑽に励まなければと思っています。

日頃よりお世話になっているミラシア司法書士法人 代表の元木翼先生に

お誘いいただき、元木先生と対談形式でおこなうセミナーに

登壇させていただくことになりました。

テーマは、

なぜ「不動産コンサルティング×家族信託」で見込み客を開拓できるのか

という内容でお話させていただくことになりました。

一般の方向けではなく、

相続に関するお仕事をされている方向けの内容になります。

 

・家族信託に取り組んだきっかけ

・不動産会社が家族信託に取り組むメリット

・士業とコラボする際のポイント・注意点

・士業の先生におつなぎする前後の流れと役割分担

・家族信託を用いた集客方法

・元木先生とコラボした家族信託の事例紹介

日時は2020年9月23日18:30~20:00を予定しております。

ご興味ある方は、こちらからお申込みくださいませ。

よろしくお願いいたします。

 

相続のこと、なんでもご相談ください

上尾相続相談センター店舗案内

上尾市須ヶ谷1-161-1 シスコム株式会社内併設 【営業時間】9:00~18:00(定休日:土日祝日)

このページの
先頭へ戻る