相続時のトラブルや事前準備など、相続のことであればお気軽にご相談いただけます。

お問い合わせ・ご予約

048-776-3739営業 9:00~18:00 / 定休 土日祝

あげお相続ブログ

 

総務省が敬老の日を前にまとめた2020年9月15日時点の人口推計によると、65歳以上の高齢者人口は前年比30万人増の3617万人、総人口に占める割合は28.7%で過去最多でした。

一方で2019年の65歳以上の就業者数は2018年より30万人増の892万人で、65歳以上の高齢者の4人に1人が仕事をしていることになります。

また、団塊ジュニア世代が65歳以上になる2040年には、65歳以上の人口が35.3%になるとの予測も出ています。

これらのことから考えられることは、今後益々国の財政が厳しくなり、国からの補助や助成などはカットされていくであろうということです。

このたび新たに就任した菅首相が自民党総裁選の際に掲げていたスローガン「自助・共助・公助」は、これからの日本の未来に向けてのメッセージだろうと思います。

数年後には団塊の世代が75歳以上になる日がやってきます。

今後、医療費や介護保険の自己負担額も上がってくるのではないかと思います。

まさに我々団塊ジュニア世代がどのように老親を支えていくのか、介護費用の捻出はどうするのかが重要になってきます。

つい先日も、実家が上尾市にある40代の男性から家族信託のご相談がございました。

父親の不動産や現金、金融商品などを将来の介護費用に充てるために、今から検討しておきたいとのことでした。

すでにお父様は要介護1の状態で、認知症で財産を動かせなくなるかもしれないことを心配してらっしゃいました。

今後、更にこのようなご相談が増えていくと思います。

その際にしっかりとサポートさせていただけるように、さらに自己研鑽に励まなければと思っています。

日頃よりお世話になっているミラシア司法書士法人 代表の元木翼先生に

お誘いいただき、元木先生と対談形式でおこなうセミナーに

登壇させていただくことになりました。

テーマは、

なぜ「不動産コンサルティング×家族信託」で見込み客を開拓できるのか

という内容でお話させていただくことになりました。

一般の方向けではなく、

相続に関するお仕事をされている方向けの内容になります。

 

・家族信託に取り組んだきっかけ

・不動産会社が家族信託に取り組むメリット

・士業とコラボする際のポイント・注意点

・士業の先生におつなぎする前後の流れと役割分担

・家族信託を用いた集客方法

・元木先生とコラボした家族信託の事例紹介

日時は2020年9月23日18:30~20:00を予定しております。

ご興味ある方は、こちらからお申込みくださいませ。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

不動産の名義人の方が認知症などで意思判断能力が低下した場合に、不動産を売却することがむずかしくなります。

しかし、お元気なうちからお子様などに管理を任せるために『家族信託契約』を親子間で締結しておけば、仮に不動産の名義人である親が認知症等で意思判断能力が低下したとしても、お子様の権限で不動産を売却することができます。

そんな『家族信託』の仕組みについてご紹介した小冊子を作成いたしました。

はじめて『家族信託』という言葉を聞くという方にも、なるべくわかりやすいように、慣れない長文を書いてみました。

 

特にこんな方におすすめの小冊子です。

・親の介護費用の捻出に不安がある方

・将来実家が空き家になる可能性がある方

・認知症になっても不動産を売却できる対策をしておきたい方

・アパートやマンションなどの収益不動産を持っている方

・老後の生活に漠然とした不安があるという方

 

ご興味ある方は、ぜひとも下記お問合せフォームからお申し込みくださいませ。

お問い合わせはこちら

みなさまからのお問合せお待ちしております!!

 

先日、埼玉県内の公証役場で、家族信託契約と公正証書遺言の作成に立ち会ってまいりました。

お父様が委託者(財産管理を任せる人)ご長男様が受託者(財産管理を任される人)お父様が受益者(管理を任せた財産から利益を受ける人)となる信託契約でした。

 

お父様は要介護1で若干認知症の気配がでてきていることや、ご長女様に障がいがあり、親亡き後の財産管理にご不安をお持ちでした。

お父様に後見人がつくと財産管理がかなり制限をされ、不動産の売却をする際には裁判所の許可が必要になる可能性が高くなります。

お客様のお知り合いで後見人をつけて非常に苦労されているということを耳にされており、お母様は後見人はつけたくないという強いご要望がありました。

そこで家族信託をご検討され、今回サポートをさせていただくことになりました。

今回ご長男様に管理を任せた財産は、ご自宅と現金になります。

ご長女様が障がいをお持ちであることから、お父様が亡くなった際に、何も対策をしていないと遺産分割の際にご長女様に後見人をつけることになり、しかも自宅は相続人のご家族で共有になる可能性が高くなります。

そこでお父様が亡くなった際には、自宅不動産はご長男様おひとりに引き継ぐという形の信託契約になっています。

家族信託契約を締結したことにより、お父様のご存命中に介護費用捻出のため、自宅を売却するとなった場合、お父様の認知症が進んでしまっていても、ご長男様の権限で売却し、その代金を介護費用に充てることができます。

認知症=財産凍結ではありません。認知症にも段階がありますので、初期の段階であれば、様々な対策ができる可能性があります。

また、信託をしなかった他の財産に関しては、公正証書遺言を作成しましたので、お父様が亡くなってもご長女様に後見人をつけて遺産分割協議をするといった必要がありません。

すべての手続きが終わった際にお礼をおっしゃっていただいたお母様の、ほっとした笑顔が非常に印象的でした。

※ 家族背景や資産背景、場所などは、お客様の情報が特定されないように事実とは異なる表記となっております。

2020年2月8日に上尾市文化センターにて『終活介護勉強会』の4回目を開催いたしました。

今回のテーマは、

第1部は

認知症から財産を守る『家族信託』勉強会

上尾相続相談センター 代表 森王 大樹

 

第2部は

民法改正により方式が改正

『遺言』について正しく学ぶ勉強会

エール&パートナーズ行政書士事務所 石川裕一行政書士

 

と題して開催いたしました。

全5回シリーズの第4回目となります。

今回も多くの方がご参加いただき、熱心に耳を傾けてくださいました。

 

第2部でお話していただいた行政書士の石川先生は、遺言や信託など相続に関することだけではなく、終活にまつわるお墓の問題や、遺族の心のケアに関する問題など、様々なことに精通されています。

 

 

私の思いつきで始めた『終活・介護勉強会』ですが、生命保険のプロ・相続と信託専門の行政書士・介護施設紹介センターのアドバイザー・家財整理のプロ・葬儀会社等、各分野のプロの方々とチームを組んで開催しています。

終活や介護のこと、相続のことなどあらゆる相談に安心してご対応できるようになっています。

 

 

第2クール目が5月から始まる予定です。

今クールの反省会を今週中に行い、次回のクールに向けてさらにより良い勉強会にしていけるように、スタッフ一同気合が入っております。

相続や介護・家族信託のご相談がございましたら、お気軽にお問合せいただければと思います。

今日もありがとうございました。

 

お問い合わせはこちら

上尾相続相談センター

 

昨年11月より全5回シリーズの元気なうちから一緒に学ぶ『終活・介護勉強会』と題してセミナーを開催致しております。

2020年2月8日(土)に第4回目の勉強会を開催いたします。

 

 

 

『終活』と一言で言っても様々な分野のことを考えなければなりません。

医療や介護、それにまつわる保険、生前整理や遺品整理、葬儀、家族信託、遺言、相続した不動産をどうするのかなど、多岐の分野にわたって考えなければなりません。

毎回各分野の専門家をお呼びして、皆様に有益な情報をお伝えさせていただこうと思います。

 

 

ただし、一番大切なことは『なぜ終活が必要なのか』ということです。この勉強会では、皆さんと一緒にこれらについて学んでいきたいと思っています。

親が認知症になってしまい、財産管理に困ってから来社され、すでに何も対策ができないという方が非常に多いのが現状です。

この勉強会を通して早めに終活の準備をしていただければ幸いです。

 

 

 

第4回目の今回は、第1部では私から

認知症になると実家が売れない!?預金口座が凍結!?
『NHKでも話題!認知症から財産を守る家族信託勉強会』

と題して、NHKのクローズアップ現代+でも取り上げられました

『家族信託』についてお話をさせていただきます。

 

・認知症700万人時代を乗り切る新しい相続対策

・成年後見制度と何が違うの

・認知症で財産凍結!?

・家族信託で、認知症トラブルを未然に防止した事例

・家族信託で孫の代まで遺産分割を指定する

先日も実際に後見制度を利用した方からお話をうかがいましたが、使い勝手など、様々な問題に直面されたということを直接お聞きすることができました。

そんなお話もみなさまにシェアさせていただければと思います。

 

 

第2部では、エール&パートナーズ行政書士事務所の石川裕一先生より

『民法改正により方式が改正した「遺言」について正しく学ぶ勉強会』という内容でお話していただきます。

 

・日本の相続のしくみ

・遺言とは何か

・相続を争族にしないために遺言でできること

・遺言書の方式、作成方法、費用

・遺言と終活、遺言と認知症

 

このような内容で開催させていただきます。

全5回シリーズの勉強会ですが、途中の回からの参加や、ご興味のある回だけの参加も可能です。

申し込みはこちらのサイトからお願いいたします。

皆様のご参加をお待ちしております。

認知症の簡易知能検査で広く使わている『長谷川式簡易知能スケール』をご存じでらっしゃいますでしょうか?

認知症が疑われる際に、認知症かそうでないかを簡易的に判定するのに行われるテストです。

このテストを開発したのが、精神科医で、日本の認知症研究の第一人者である長谷川和夫先生です。

この長谷川先生ご自身が認知症を発症されて、現在、認知症と向き合いながら生活をされており、その様子をNHKスペシャル『認知症の第一人者が認知症になった』のなかで特集をされていました。

その感想を書いていきたいと思います。

 

 

◆長谷川先生が認知症研究に人生を捧げるきっかけになった出来事

長谷川先生が担当していた患者さんが若年性アルツハイマー型認知症を発症していたそうです。

その患者さんが亡くなられた後に、その患者さんの奥様からご主人様の想いが綴られた五線紙を渡されたそうです。

その五線紙には、このようなことが綴られていました。

『僕にはメロディーがない。和音がない。共鳴がない。帰ってきてくれ。僕の心よ。すべての想いの源よ。再び帰ってきてくれ。あの美しい心の高鳴りは、もう永遠に与えられないのだろうか』

この想いが綴られた五線紙のメモをみた長谷川先生は、ボロボロと泣かれて、こうおっしゃったそうです。

『勉強として認知症になると脳がどのようになっていくのかはいっぱい研究してきたけれども、患者さん本人の心の中をみたのははじめてだ』と。

長谷川先生はこの出来事をずっと心に秘めながら、

『これはもう絶対にこの道は、認知症に対する研究・診療は、何が何でも続けるぞ』と心に誓ったそうです。

 

私も長谷川先生には到底およびませんが、私が認知症対策として家族信託の普及活動に力を入れ始めたのもやはり、ある出来事がきっかけでした。

親の介護を理由に長期休職をしていた、私よりもはるかに若い方との出会いが、私の心に火をつけました。

こちらのブログもご覧ください。

これから私と同世代の団塊ジュニアの方々が、親の介護を理由に離職や休職をすることが多くなってくるかもしれないと思い、何とか家族信託を普及して、少しでも子世代の負担を減らすお手伝いがしたいと思うようになりました。

これを私の後半の人生のライフワークにしようとおもったきっかけです。

 

◆認知症の親とその家族とのかかわり方

私自身、まだ認知症の家族がいるわけではなく、色々なところで見聞きする認知症のことしかわかりません。

ご本人のつらさや歯がゆさ、支えるご家族のご苦労などは、私自身まだ経験をしたことがありません。

長谷川先生ご自身も、ご本人が認知症になってみてはじめて、そのつらさや大変さがわかり、

『そんなに生やさしい言葉だけでは、人様に申し上げることはできないな』と思ったとお話されていました。

 

長谷川先生の介護は、奥様とお嬢様が中心となって、ご自宅で介護をされていました。

介護する側・される側の心の葛藤も、映像の中で描かれていました。

介護される長谷川先生は、話が良く伝わらなかったりすると家族に迷惑がかかるからということで、話すことをなるべくやめて、自分の殻に引きこもることが多くなった時もあったようです。

その際にはうつ状態になってしまって、死んでしまいたいと思うこともあったとお話されていました。

 

一方介護する奥様やお嬢様も様々な葛藤があり、介護する側の負担を少しでも減らすため、デイサービスや介護施設の利用をしてみたりもしていました。

ところが、デイサービスに行っても独りぼっちの長谷川先生は、デイサービスの利用をやめてしまいました。

実は、デイサービスという施設の提唱も長谷川先生ご自身が考えられたものでした。日中、介護するご家族の負担を少しでも減らすことを目的に、長谷川先生が提唱されたそうです。

ところがご自身が利用するとなると他の利用者や職員の方とのコミュニケーションがうまくいかずに、やめてしまったということでした。

 

介護する側の負担の軽減と介護される側の人間としての尊厳との葛藤が、改めて難しい問題なんだなと気づかされました。

 

◆避けては通れない介護の話

我々団塊ジュニアがあと5年から10年すると、多くの方が避けては通れない介護という問題がやってきます。

この番組を拝見し、色々と考えさせられることが多くありました。

ですが、これをしたら正解ということはないと思います。

介護する側の負担と介護される側の尊厳をうまく折り合いをつけていくしかないのだろうなという以外は正直わかりません。

ですが、認知症の方の財産管理の面で、私がお手伝いできることがあるのであれば、全力でサポートさせていただこうと改めて強く思いました。

今後も家族信託の普及に尽力していこうと思います。

今日もありがとうございました。

新年あけましておめでとうございます。

昨年は、様々な新しいことにチャレンジした年でした。

今年も引き続き、歩みをとめることなく、新しいことにチャレンジしつつ、一歩一歩着実に取り組んで参りたいと思います。

今年は新たに家族信託の学びのために、来月から月1回の勉強会に所属させていただくことになりました。

お客様のお力になれるように、そしてお客様に対して失礼のないように、知識の向上と更なる経験を積んでまいりたいと思います。

また、不動産や相続、家族信託に関する仲間や士業の先生方とも更に親睦を深め、お客様のご要望にしっかりとお答えできるように準備をしていきたいと思っています。

上尾市の方々に少しでも家族信託のメリットを知っていただき、ご両親やご自身の老後を安心して暮らしていただけるように、地道な活動を引き続き行ってまいります。

それだけではなく、視野がせまくならないように、様々なコミュニティに属し、色々な背景をお持ちの方々や様々な職業の方々とも交流をもっていこうと思っています。

 

先日もある交流会で、たまたまお会いした方が、イラストのプロフェッショナルで、しかも家族信託のことをご存じで、話が盛り上がりました。

そこで、今、私が書いている家族信託の概要をまとめた小冊子を、マンガ化していただくことになりました。

ほんとにご縁って不思議です。

家族信託の小冊子は、すでに原稿は書きあがっており、あとは少し手直しをして、今月中に仕上げ、来月中には完成をさせたいと思っています。

今年も1つ1つのご縁を大切に、少しずつですが、上尾市周辺の方々へ家族信託の普及をおこなってまいります。

今年もよろしくお願い申し上げます。

先日、保険会社の方からのご紹介で、介護施設のケアマネージャーさん向けに家族信託の勉強会を開催させていただきました。

介護が必要になった方々のケアプランを作成するのが、ケアマネージャーさんです。

介護の現場で、最も利用者様やそのご家族に近い存在と言えると思います。

だからこそ、利用者様やご家族から信頼され、様々なご相談をお受けするわけです。

 

 

 

 

そんな方々のご相談の中で、認知症にすでになってしまっていて、何もお力になれない歯がゆさを今まで数多く経験されてきたそうです。

そのようなときに、たまたまお会いすることができ、ケアマネージャーさん向けに家族信託の勉強会を開催させていただくことになりました。

私のつたない資料にも真剣に向き合っていただき、熱心にお話を聞いてくださいました。

 

 

その中で私が印象的だった言葉があります。

『家族信託という制度を知らないがために、ご本人やご家族の人生が変わるかもしれない』

『介護離職なんて日常茶飯事なんです』

というお言葉です。

現場の生の声です。

人生が変わるかもしれないのです。

 

これから2,3年すると団塊の世代が後期高齢者になります。

おそらく介護が今以上に大変な時代がやってきます。

親の財産が介護に使えるのであれば、使うべきだと思います。

親の財産が認知症によって凍結しても、子供が費用負担できるのであれば特に問題はないと思います。

しかし、そこに少しでも不安があるのであれば、事前に対策をするべきです。

何も対策をしないまま親が認知症になってしまい、親の財産が凍結し、つらい思いをするのは子世代です。

こんな熱い想いをお持ちのケアマネージャーさんや、ご利用者様のご家族の方々のお力に少しでもなれたらとてもうれしく思います。

また来月もケアマネージャーさん向けの勉強会を開催させていただきます。

微力ながら、お力になれるように全力を尽くしたいと思います。

家族信託とは何!?

認知症対策のための財産管理の手法の一つとして、『家族信託』という制度が、少しづつ普及しています。

ただし、まだまだ知らないという方が多いのが現状です。

もしくは、言葉は聞いたことがあるけれども、どのような制度なのかよくわからないという方が大半です。

 

私が家族信託契約のお手伝いしている中で感じることは、親本人よりも子世代が、認知症による親の財産凍結のリスクを理解して、事前に準備をしていることが非常に重要だと感じています。

実際にご相談をいただくケースもお子様からのご相談が圧倒的に多いです。

とにかく親が認知症になってからでは、何も対策がとれず手遅れなのです。

 

 

◆ 「いつか親が認知症に。誰かに迷惑を…」に不安6割

昨日、毎日新聞にこのような記事が掲載されました。

朝日生命保険の調査で、40代、50代の男女1,108人を対象に

『親が認知症になったら心配なことは何ですか』という質問に対しての回答結果です。

毎日新聞記事

 

 

最も多い回答が、

『誰かに迷惑をかけてしまうのではないかと不安』という回答で約6割の方がこのような不安を持っているそうです。

確かに認知症になっているにもかかわらず、車を運転してしまい、小学生の児童の登校の列に車が突っ込んで、小学生が亡くなってしまったという悲しい事故も何年か前にもおきました。

 

 

 

認知症は、色々なタイプの認知症があるようですが、進行具合も人それぞれです。

私のお客様の中には、2か月前まで元気に実家で暮らしていたにも関わらず、2か月後には認知症が進行していて、遺言作成や家族信託契約ができなかったという方もいらっしゃいました。

とにかくお元気なうちから、親が将来どのような介護を望んでいるのか、そのためには今から何を準備しておかなければならないのかを、親子でコミュニケーションをとることが一番重要だと思います。

 

 

◆ 介護費用の負担は親の資産から

先ほどの朝日生命保険のアンケート調査のなかで、約半数の方が、

『介護費用の負担が不安』という回答をされています。

おそらく多くの方が、ご自身の親に介護が必要になったら、どのような手続きをして、どのように介護保険サービスを利用するのかなど、全くわからないのではないでしょうか。

また、介護費用は1ヶ月どのくらいかかるのかも考えていないという方が多いのではないでしょうか。

 

 

このアンケートの中では、同じく半数近くの方が、

『介護費用は親の資産で賄う』と回答しているそうです。

ただし、親が認知症になってしまったら、親の財産が凍結し、親の財産から介護費用を捻出できなくなる可能性があります。

そのようなリスクを考えたことがありますでしょうか?

 

 

実際にこのアンケートのなかで、

『認知症になると家族でも預金の引き出しなどが困難になるの知っていますか』という質問に対して、

『聞いたことはない・知らない・詳しくは知らない』という回答が大半を占めたそうです。

親が介護施設に入ったら、実家を売却して介護費用に充てようと考えている方も多くいらっしゃると思います。

ただし、親が認知症になってしまっていたら、不動産の売却はすることができません。

 

 

親の資産が凍結した場合には、子供が介護費用を負担するか、一時的に立て替える必要があります。

40代、50代といえば、自分の子供にも教育費や住宅ローンなどで一番お金のかかる時期です。

果たして親の介護費用を子供が捻出できるでしょうか?

 

 

◆ 具体的には何から準備を始めればいいのか

親の資産から介護費用を捻出しようと考えるのであれば、親が元気なうちから事前に対策をしておくのがベストです。

親の財産管理については、『任意後見制度』や『家族信託』という制度を利用するのがおすすめです。

親が元気なうちから、親が認知症になってしまったら、誰に財産管理を任せるのかを事前に決めておくことができます。

 

任意後見制度と家族信託のメリット・デメリットを事前に知っておくことが重要です。

それを踏まえて、ご自身の家族にはどういった制度を利用して、どのような事前準備をしておくのが良いのかということを、ご家族皆さんで話し合っておくこと必要があります。

ただし、そういった相談や勉強を、どこで、誰に相談してよいのかわからないということをよくお聞きします。

わたくしどもは、そのようなお悩みをお持ちの上尾市周辺にお住いの方々のために、各専門家の方々と5回シリーズの『終活・介護勉強会』を開催しています。

 

・そもそも終活とは何なのか!?

・介護施設はどのように選べばよいのか!?費用はいくらくらいかかるのか!?

・生前整理は、どのような業者を選んで、費用はいくらくらいかかるのか!?

・認知症になっても不動産を売却できる『家族信託』とは何!?

・老後のための資産形成に生命保険をうまく活用するには!?

・生命保険金を信託できるってほんと!?

・遺産分割で揉めないための準備は何をしたらよいの!?

・葬儀にはいくらくらいかかって、事前に準備をしておいたほうがお得なの!?

 

こんなお悩みを解決する勉強会です。

次回の開催は、12月14日(土)13時から上尾市文化センターで行います。

詳しくはこちらをごらんくださいませ。

 

親の認知症にご不安を持つ40代・50代の方々のお役にたてたら幸いです。

今日もありがとうございました。

相続のこと、なんでもご相談ください

上尾相続相談センター店舗案内

上尾市須ヶ谷1-161-1 シスコム株式会社内併設 【営業時間】9:00~18:00(定休日:土日祝日)

このページの
先頭へ戻る