相続時のトラブルや事前準備など、相続のことであればお気軽にご相談いただけます。

お問い合わせ・ご予約

048-776-3739営業 9:00~18:00 / 定休 土日祝

あげお相続ブログ

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

喜多川泰さんの小説『ソバニイルヨ』を年末に

読ませていただきました。

『自分らしく生きる』ことが大切なんだということを教えてくれる

素晴らしい本に出会いました。

仕事や人生に迷ったとき、読んでいただきたい素晴らしい小説です。

人にやさしくなれるには何が必要だと思われますか?

 

 

◆『変人』の父親からの置き土産

主人公の隼人は、思春期真っ只中の中学1年生。

サッカーが大好きで、勉強があまり好きではない一般的な中学生。

真面目に勉強するのがかっこ悪いと思っている隼人とは対照的に、

自分の大好きなAIを研究するために近くの工場を『研究所』

として借りる父親に嫌悪感を持っている隼人。

 

その父親が仕事で3か月間アメリカに旅立つことに。

父親が隼人に残していった置き土産は、

『研究所』で作った『ユージ』というロボットでした。

『AI』を搭載されたユージは、隼人と毎日会話をしながら、

隼人にアイを伝えるために生まれてきたと告白します。

 

 

◆子供が思春期になったらそっと渡したい小説

この小説を読みながら、自分の思春期の頃を思い出し、

『そうそう、自分もそうだった』とうなずきながら、

どんどん物語に引き込まれていきました。

他人の目が気になってばかりいた中学・高校時代。

何のために勉強するのか分からない。

何を言われても、反発ばかりしていたあの時代に、

この本に出会っていたかったなぁと思います。

 

自分にも娘ができて、この本の中の父親や母親の目線でも、

物語に入り込んでいきました。

 

隼人がユージと毎日生活をしていくなかで、少しずつ

勉強が好きになっていき、何のために勉強をするのかを

学んでいきます。

また、ひそかに恋心を寄せる同級生の女の子『円花』に、

言われた一言に隼人は、ドキッとさせられましたが、

私自身も考えさせられる言葉でした。

毎日仕事をしているとこの言葉がとても響きます。

『そうそう!』と。

 

物語の途中で、円花と円花の愛犬『デルピエロ』との

エピソードが出てきますが、我が家もパグの『梅太郎』という

愛犬がいます。

円花とデルピエロが、娘と梅太郎に重なりました。

子供が思春期になるときには、どんな言葉をかけるよりも

この本をそっと机に置いておくほうが、より効果的な気がしました。

 

 

◆『アイ』を知ると人は優しくなれる

青春時代の悩みはたくさんあります。

勉強のこと、人間関係、淡い恋、親との関係など、

様々なことに悩みます。

大人になっても、様々な悩みが生まれます。

青春時代とは違った悩みや心配事に苦しみます。

そんな時に、自分らしく生きる勇気を与えてくれる

素晴らしい小説でした。

周りに何を言われようとも、自分が信じる道を進めばいい。

周りの価値観に押しつぶされるなと。

 

『アイ』の意味は何なんでしょうか?

それはこの本を読んで感じてもらいたいと思います。

元気をもらいたいときにぜひ読んでいただきたい

どんな年代の方にもおすすめな小説です。

ぜひご一読を!

今日もありがとうございました。

私の家族をご紹介いたします。

我が家の長男のパグの梅太郎くんです。

もうすぐ5歳になります。

何よりもご飯が大好きな食いしん坊です。

最近ペットを飼っている方が増えていますが、

万が一、自分がペットよりも早く亡くなって

しまった場合のこと考えたことありますでしょうか?

 

◆パグの梅太郎くんは我が家の救世主

私には、妻と9歳になる娘がいますが、

娘は生まれた時から、人見知りと引っ込み思案、

おまけに泣き虫で、とても大変でした。

訳も分からず、突然泣くので、電車やレストランなどの

人がたくさんいるところに行くと周りの人からの冷たい視線に

びくびくしていたものです。

幼稚園に入っても、なかなか周りの子たちとうまくコミュニケーションが

取れずにいたようでした。

 

妻は二人目の子供を産むには、少し高齢で体力的な心配も

あったことから娘は一人っ子になりました。

このままでは、心配だなと思っていましたので、

何か娘に自信がつくようなことをしてあげたいなと

思っていました。

 

そこで考えたのが、犬を飼って、

自分がお姉ちゃんになって、弟(=犬)のお世話をすれば、

少しは自分に自信がつくようになるのではないかと思い、

犬を飼いました。

 

家族全員、鼻ぺちゃ犬が好きだったので、パグの梅太郎くんを

家族に迎え入れました。

 

 

これがやはり大正解でした。

お散歩をしていて、幼稚園のお友達が、

梅太郎目当てによって来てくれて、

みんながなかなか怖くて、梅太郎のことを触れずに

いるところを、娘が慣れた手つきで触っていたりすると

みんなが、「すごーい!怖くないの~!?」なんて

言ってくれたりするので、自然と自分に自信がついてきたように

思います。

 

さらに梅太郎君の下のお世話やごはんをあげたり、

色々なお世話をするうちに、すっかり引っ込み思案も

良くなりました。

まさに梅太郎くんは、我が家の救世主です。

 

◆ペットと一緒に入れるお墓って少ない!?

今ではすっかり、家族の一員になった梅太郎くんですが、

いつかはお別れの時がきます。

その時のお墓について先日考えたことがありました。

 

私の父の実家が山口県で、そちらのお墓を墓じまいして、

埼玉のほうにお墓を持ってくることを家族会議で決めました。

その際に、様々な霊園を見て回りました。

梅太郎が亡くなって、自分たちも亡くなった際に、一緒に

お墓に入れればなと思い、ペットと一緒に入れる霊園を探しましたが、

そのような霊園はものすごく少ないということがわかりました。

 

これだけペットを飼っている人が増えているので、一緒に

お墓に入りたいという人が多いと思うのですが、意外にも

そのような霊園が少ないというのが実感です。

どうしてもペットと一緒に入りたいのであれば、少し早めに

場所だけでも確保しておいたほうがよいのかもしれません。

 

 

◆ペットにも信託という制度がある

自分が先に亡くなって、ペットだけが残ってしまうということも

考えてあげなければなりません。

ペットは、自分たちだけでは生きていけません。

自分の子供や孫が、面倒を見てくれるなら、問題ありませんが、

お子さんのいない方や、住宅事情により、お子さんたちが

ペットを飼えないということもあるかもしれません。

 

そこで、最近はペットとお世話する費用を信託するという制度もあります。

自分自身が信頼できる人や施設に、ペットのお世話を委託し、

その費用に関しても、信託財産の中から賄ってもらうというような

家族信託のペット版のようなものがあります。

 

信託契約ですので、契約内容もある程度自由に設計することが

できます。

ご高齢でペットの将来が心配な方は、信託という方法も

検討してみるのもよいと思います。

これからも梅太郎君との日常もお伝えしていこうと思います。

犬好きの方、今後ともよろしくお願いいたします。

相続のこと、なんでもご相談ください

上尾相続相談センター店舗案内

上尾市須ヶ谷1-161-1 シスコム株式会社内併設 【営業時間】9:00~18:00(定休日:土日祝日)

このページの
先頭へ戻る